About

businesswoman-r-022はじめまして、当ブログにご訪問頂きありがとうございます。

当ブログ管理人 さくら です。

私は、仕事で海外(アメリカとヨーロッパ)に行く機会が増え、英語を話す必要に迫られました。

英語が必要、といっても外資系企業ではありません。日本のドメスティック企業ですが、海外にも支社があり世界展開している企業です。そのため海外支社への出張や、現地での取引先も交えた打ち合わせ、その他業務関連のイベントなどに参加する必要が出て、英語が必要になったのです。

仕事なので通訳の方が訳してくれることもありましたが、英語の読み書きはなんとか出来ても、実際ネイティブ(特にアメリカの方)の英語を聞き取る事が出来ませんでした。
また、自分の言った事が相手に聞き取ってもらえず、海外で日本語がほとんど通じない中で、英語が話せる人たちの中で一人だけコミュニケーションの和からはずれ、本当に孤独で悔しい思いもしました。

もっと言葉が話せたらこんなに苦しい思いをしなくていいのに、

思っている事を伝えられるのに、

相手と理解しあえるのに

そんな気持ちで絶対英語を覚えるぞ!と勉強を始めたのです。

独学で英語の勉強、なのになかなか話せない

始めに沢山の英語の本を買いました。

話すための勉強方法が何も解らずに、学校の英語の勉強の延長で英語の文法の本や単語暗記の本を買ってみました。
英語のフレーズ集も買いました。

多くの教材も試しました。

単語暗記、文法、日常会話、、DVD

今でも沢山の教材が家にあります。しかしなかなか上達しません。読み書きはでいますが、会話の中で話す事が出来ません。

私には海外の友人が沢山います。彼等の中で日本語が話せるようになった人と全く話せるようにならない人がいます。その違いの傾向や勉強方法の違いも研究しました。

また語学習得に必要な勉強法を調べました。また話せるようになって人と話せない人の違いは何かも比較して研究しました。そしてわかったのです、ただやみくもに勉強しても、英会話に必要なスキルは身に付かない。会話の勉強法の鉄板があったのです!!

日本に住みながら英会話が出来るようになる

こういった試行錯誤を繰り返して自分の勉強方法のステップからもう一度見直し、自分が興味を持ってとり組める内容は何か工夫しながら会話が出来るまでになりました。

私は基本は日本に住んでいますが英会話が問題ない所まで出来るようになったこの経験を、海外留学をしなくてはならない、海外出張や転勤の準備が必要だ、といった日本在住でこれから英会話必須という方に、英語で話すことが出来るようになる為に必要な勉強法をお伝え出来るのではないかと思いブログを始めました。

英語で話す事を第一目的にしているので TOEICについては深くは触れていません。なぜかというとTOEICで比較的高得点でも話せない方がいるからです。特にTOEIC高得点だから海外赴任になった方で、赴任してみたら全く聞き取れず会話が出来ない、という経験をされている方は多いのではないかと思います。

ヨーロッパなど英語ネイティブでない方との英会話はお互い母国語の訛りがあってもなんとかなりましたが、アメリカ赴任の場合、よほどネイティブの英語の勉強をしていない限り、普通の会話も「さっぱり分からない(涙目)」のではないでしょうか?私がそうでした。

普通にレストランでレジで払う時にも、この英語聞き取れない!!という経験を何度もしました。

このサイトの第一目的は英語を話せるようになる事。なのでまずは 話すための勉強方法をご紹介します。話して聞いてコミュニケーションをとれる事を達成して欲しいと思います。

日本の企業への転職や社内評価の為に英語を検討される方はTOEICの点数が必要になります。海外ての就職や留学を考えている方は、海外の大学に留学するために 必要な英語は?に書いているように TOEFLや IELTS のスコアが必要です。(スコアなしで留学することも可能です)その為にはTOEICに比べると会話力も求められますので、このサイトの内容が会話力アップのお役に立てればうれしいです。

私も日々勉強をしていますので、新しく気づいた事は随時公開していきます。ときどき遊びにきてくださいね。

topへ