【2018年版英語手帳】毎日使う手帳で英語を自然に覚える

英語学習機能がついた手帳 英語手帳

今日は少しブレイク。最近スマホで予定を管理することが増えましたが、やっぱり手帳は毎年新調して使っています。
昨年に続き今年も「英語手帳」を使います。
手書きでメモをしたい事もあるし、手で書く方が記憶に残るんですよね。
 

毎日使う手帳に英語を学ぶ機能がついて、1年後には「英語で話せる自分になる」をコンセプトにつくられた手帳です。スケジュール管理しながら英単語や英語フレーズを覚えられるパーソナルな手帳。毎日英語に触れて単語や英語表現を覚え英語学習の習慣をつける、そんなあなたを応援する『英語手帳』です。

スケジュール管理しながら英語の単語やフレーズが覚えられるという手帳らしい。
興味があるのでどんな機能か調べました。

この手帳でできる事は

自然に英単語・英語表現を習得
英語でスケジュール管理の書き込みが可能
付属の暗記シートでボキャブラリーが増える
学習意欲を落とさず、やる気が継続する
英語を使う習慣ができる

手帳にフレーズ集がついていたり、月ごとに英語のコラムがあって英語長文をよむ練習ができるなど、英語を覚えたい人にとって英語に触れる機会が増えるような作りになっています。

「1年間のスケジュール」というテーマに沿ってエッセーや毎日の英単語、英語フレーズが掲載され、1年間を通して自分を表現するための英語のセリフを作っていきます。

手帳を使いながら日常で使うテーマで英語表現できる構成なんですね。

17e17

健康の為のフレーズなど日常の生活で使うフレーズや単語が載っていて、日記を書きながら、通勤の合間に、英語に自然に英語に触れる時間が増えるので、気がついたら覚えられるのが長所ですよね。

英語を覚えたいと思ってもなかなか生活の中で使う機会がないと、会話を覚える事ができませんが、手帳とか普段の生活の中に取り込めば自然に使う機会が増えそうです。

それに手帳を使う一番のメリットは

1年後にどれぐらい英語ができるようになりたいか、イメージを明確にすること

じゃないかな?

漠然と覚えたいと思っても、いつまでに何をできるようにしたいか具体的になっていないとなかなか覚えられません。やっぱり今の自分のレベルを把握して1年後にどのレベルまで英語を習得したいか、そのためにはいつまでに何をやるかを書き出す事で潜在意識にも刻み込まれて具現化するんです。

今年も英語学習に役に立ったので、来年もこの手帳を使うつもりです/

英単語をスケジュール手帳で覚える英語手帳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 最終更新日: 2017/12/15

topへ