どんな仕事があるの?英語を使う仕事の種類、就職・転職に成功した3つのケース

英語を使う仕事に就職するポイント

英語を使う仕事に就職するポイントと3つのケース

英語力が必要な職種

英語力を生かした就職を希望している場合、通訳や翻訳業をイメージしますが、他にも仕事の中で英語を使う職種はけっこうあります。

具体的には以下のような職種です。

英文事務

業務内容は一般事務ですが、英文の書類を作成したり、顧客対応などで簡単な英会話が必要になるケース。

海外営業事務

海外の現地法人や取引先などと 受注業務や発注業務や契約書作成、ファイリング業務などを行う仕事です。契約書作成などで英語の文書作成能力の他に現地法人とのやりとり時にはビジネス英会話が必要になります。

貿易事務

輸出入で発生する事務手続きに携わります。英語力の他に貿易に関する知識や外貨/為替などへの知識も必要になります。

秘書

外資系企業などで秘書を行う場合に英語力が必要になる事もあります。

レセプショニスト

英語で受付を行うため日常英会話力と電話の応対能力が必要になります。

ツアーコンダクター/観光ガイド

旅行のさまざまな手配や観光案内で英語力が必要になります。

私の場合はメーカーなので、業務に関しての専門知識が第一に必要。英語がわかればOKという環境でした。
そのため最初は仕事に通訳の方がいる場合もあり、だんだん慣れて会議の内容も自分でわかるようになっていきました。

採用されるために、求められる英語スキル

自分の英語力や技能、将来の目標とあわせて

どの程度英語が必要か。

企業や仕事の内容によって変わるので、一概には言えません、私のような日本企業で海外展開している場合、普段は日本語で海外支社や取引先とのやり取りや会議/カンファレンス
などで英語が必要になる場合もありますし、事務的な対応のみの場合日常会話でOKな場合もあります。
外資系企業で外国人が多い環境では英語がメインになる事もあります。

海外勤務の場合はビジネス英語が必要になりますし、職種によっては交渉力などが求められる場合もあります。海外では自分の意見をキチンと話す能力が求められるので、ディスカッション力も必須です。

TOEICの点数は必要でしょうか? 日本の企業で英語力が求められる求人の場合は目安としてTOEICのスコアを参照されます。
「英語で仕事につきたい方に」に一般的な企業で求められているTOEICの点数を掲載していますが、

事務系などの仕事だと700〜750ぐらいのスコア、専門技術がある場合は600~、海外勤務や海外での折衝が必要なポジションは850〜のスコアを求められるのではないでしょうか。

と言ってもTOEICのスコアだけ高くても話せなくては仕事になりませんし、(海外勤務者でTOEICを受けていないけど英語が話せる方は沢山いますし)、就職時の一つの目安として考えて、英語の仕事につきたい方は英会話やメールや文書作成などの実践的な英語を目指しましょう。

海外の留学経験や海外駐在経験は、もちろんあるに越した事はありませんが、業務によっては留学経験が無くても問題ありません。
留学経験は海外で営業など交渉が必要な方はある方が良いと思います。英語力の他に外国人の価値観や文化など、仕事で交渉する時に知っていなくてはいけない所を肌で知る事が出来るという意味で、文化を知る事は必須だからです。

就職を成功するために必要な準備

就職に向けて必要な事は、自分の現在の専門分野のスキルと英語力を洗い出し、将来どうなりたいかプランを明確にすることとです。

現在までの自分の経歴とスキルを明確にする

英語を生かす仕事といっても、どのような範囲で自分が携われるのかを明確にしておく必要があります。
通訳や翻訳は英語の能力のみでの仕事となりますが、自分の技能があり海外に関わりたいのか、どの程度の関わり方がしたいのかでも仕事選びは変わります。

まずは、英語以外の技能は何か、英語のスキルはどれぐらいあるのかをしっかり洗いだしてみましょう。

自分の出来る事を明確にする

自分のスキルセットを明確にしたら、現在のスキルで就業可能な仕事は何かを調べましょう。もし現在のスキルでは目標としている就業先に勤務出来そうに無い場合、

  • 不足している条件は何か(専門スキルか 英語力か、他条件か)
  • スキルを身につけるために何が必要か
  • どれぐらいの期間が必要か

を明確にしてみましょう。

英語の会話力が足りない場合は、ビジネス英会話を学習する、
英語の文書作成力が必要であれば、添削式の英語レターを書いてみる、
専門スキルが足りない場合は、学校に行くか、関連する仕事についてスキルアップした後に再度目標企業を目指す、

など、実現可能な内容を選択して実行すれば良いのです。

将来の方向を明確にする

企業に採用されたあとで自分がどうしたいか、
日本の企業で海外に関わりたいのか、外資系企業の日本支社なのか、海外に住んで働きたいのか、などどんな環境で仕事をしたいのかも考えておきましょう。もちろん理想通りにはならないかもしれませんが、向かいたい方向がわかれば今やらなくては行けない事がはっきりするので、行動にうつしやすくなります。

英語を使う仕事に就職・転職に成功したケース3

最後に、私の周りで英語を使う仕事についている人のケースをご紹介します。

ケース1 (女性/30代)

私の友人(女性/30代)のケースです。英語は堪能に話せるレベルです。
人材紹介でファンド系会社に就職し、海外との英語での折衝業務を担当しました。英語を使って海外とのやり取り、文書作成などを担当しました。現在も社員として勤務しています。

外資系企業は年齢や性別はあまり関係がなく、男女の別なく管理職に登用する文化があるので外資企業では女性も登用されやすいんです。

友人のケースもあるように、英語がある程度できる/専門技術のスキルがある方は外資系企業で実力を認めてもらい就職する戦略があリます。

私がおすすめの外資系や海外勤務案件を沢山扱っている求人をこのページの一番最後でご紹介しています。
これらの企業は登録は全て無料で、英語でのレジュメの書き方からクローズドでの案件紹介、スキル面での相談も出来るので自分の英語のレベルで仕事が出来るのか不安がある方も相談できるんですよ。

会社側としても能力も人柄もわかった上での採用なのでリスクも少ないですし、英語の仕事に関心のある方は利用すると良いでしょう。

ケース2(男性/20代)

男性/20代のケースです。

海外の外資系ITコンサルティング会社(ヨーロッパ資本)に応募し採用となりました。勤務地も海外(アジア)です。採用の理由は、将来日本進出を考えている企業だったので、英語力のある日本人の採用を検討していた所だったという点が大きいそうです。

応募は、企業の採用ページから直接申し込んだそうです。この会社に就職する前はIT系で働き、英語はぼちぼち話せるレベルでしたので、専門スキルの比重が高かったようです。その友達に採用試験のポイントや就業などに関して聞きました。

Q:求められるスキルや英語力は?
 ・これは会社によるかと思います。英語に関して言えば、日本支社で直接英語を使わない業務をする場合は、英語力は求められないと思います。専門スキルと、過去の経験が一番見られると思います。
Q:試験の内容と採用で重視されるところは?
 ・筆記試験を求められるところもありますが、基本的に面接で決まると思います。この点は、日本とは変わらないと思います。
Q:日本企業に比べて給与は高い?
 ・やはり外資系の給与は日本企業より高い傾向にあります。
Q:外資系は残業はないの?
 ・これも完全に会社によりますが、平均的には外資系の方が勤務時間は少ないと思います。休みはかなりとりやすいです。成果主義ですが、日本のIT系企業と評価の仕方はあまりかわらないです。
Q:外資系は年齢などで制限はある?
 ・年齢や性別は、一部の保守的な業界を除いてほぼ全く関係無いです

性別や年齢がほぼ関係ない=ある程度の年齢でキャリアがある方がチャレンジ出来るのではないでしょうか。

ケース3

そして最後は私のケースです。
(Aboutにも書いていますが)海外展開している日本の企業で働いています。元々海外勤務などの予定もなく普通に就職しました。その後部署が移動になり、海外の部署や取引先とのやり取りが必要になったり、海外の支社などへの出張に行く必要がでて英会話を覚えました。

外資系の友人のように毎日ではありませんが、英語は使っています。
始めから英語を使う部署に就職を希望するのであれば、応募の時点で英語の実績がある方が好ましいとは思いますが、電気系やITなど専門技術が重用視される分野では英語力がほどほどで専門スキルがあれば採用になりますし、海外のカンファレンスなどに参加する機会もあるので(会社によりますが)英語を使う事もそれなりにあります。

海外で自社製品のプレゼンを英語で行う機会もありました。

就職も英語での採用ではないので、TOEICの点数も求められる事も英語の試験もありませんでした。
私のような方向もありますので、ご自身の今のスキルを棚卸ししてみてください!

女性は英語が出来ると給与が3倍という統計もあります。英語力を生かした仕事に興味がある方は生かさないとソンですよ。

英語を生かした求人

求人を扱う人材紹介系企業でも特に英語関係や外資、海外勤務を豊富に扱っている転職支援企業を、それぞれの企業の特長と強みなどあわせてご紹介します。

求人件数が多いのは、2月、7月、10月、です。この時期に合わせて早めに登録しておくとよい求人の紹介を受ける事が出来ます。※ご自身のキャリアや経歴なども登録されると条件にあった仕事の紹介を受けやすくなります。

日本で一番外資系求人の歴史がある JAC Recruitment(ジェイ エイ シー)

JAC Recruitmentは日本の人材紹介企業の中でも外資系案件を最も古くから扱っている企業です。他のリクルート企業と大きく違う点は、企業担当者(営業)と紹介を1担当者で行う点。求人内容と紹介者の求める仕事内容とのぶれが少なく、また企業とのパイプも太いので求人がなくても適した企業があれば売り込んでもらえる事もあります。

世界8カ国(イギリス・シンガポール・中国・タイ・マレーシア・インドネシア・香港・韓国)に拠点がありグローバルな転職サポート可能で、英文レジュメの無料添削や英語面接対策、英語のレベルチェックなど、さまざまなサポートが受けられるので、英語での転職に不安な方も安心して応募できます。

求人の7割はクローズド案件なので、興味がある方は登録してください。

外資系企業に就職を希望する方向け求人
海外勤務を希望する方向け
資格や職種から探したい方向け

ハイクラス転職を希望するなら BIZREACH(ビズリーチ)

エグゼクティブクラスの求人を数多く扱っています。英語を使った仕事で特に管理職を希望する方などに適した求人があります。
管理職むけ求人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 最終更新日: 2016/07/17

topへ