聞き取れ通じる英語のコツ-プロソディ把握で英語力を上げる4ステップ

日本人が意識していない大切なポイント「プロソディ(リズム・ストレス(強勢)・抑揚)」

rhythm
日本人が英語を聞きと取りづらい理由として、英語と日本語の音の出し方の違い、発音、リエゾンなどがあります。

そして英語の音に関してもう一つ日本人が学校で習わなかった大きな違いがあります。それはプロソディ(リズム・ストレス(強勢)・抑揚)

プロソディ(Prosody)は英語で韻律という意味。つまり英語のもつリズム・ストレス(強勢)・抑揚などの総称です。英語のプロソディを知らないで話すと日本語的な棒読みとなってしまいますし、英語を聞いた時も聞き取ることができません。

ここでは英語と日本語のリズムの違いとプロソディの勉強方法について書きたいと思います。ネイティブの英語が聞き取れない!自分の話す英語が通じないという方におすすめの勉強方法です。

英語を聞き取れない理由の一つ、日本語と英語のリズムの違いとは?

日本人が英語を聞き取れない理由の一つに、リズムの違いがあります。

発音の所でも書きましたが、日本語はひとつひとつの音を区切り抑揚がなく同じ調子で話します。それに対して英語は単語1個1個が別々にならずに大きな固まりになり、一つの音としてつながります。

rhythm

(音の繋がりについてはリエゾンやリダクションの所で説明していますので参照してください^0^)

そして英語の音には強く発音する所と、弱くながれるようにあまり発音されないような音もあります。
私たちは日本語的な一本調子で英語を発音してしまうので、この弱く発音する部分を聞き取ることが出来なません。弱く発音されて音同士がくっいたり省略されていると、簡単な単語や文章なのにわからなくなるのです。

この日本語と英語のリズムの違いが、ネイティブの話す英語を聞き取れなかったり、私たちの英語が通じない要因となります。

ネイティブの友人と会話しているときに、本当に何度も簡単な単語なのに聞き返して、意味がわかった瞬間こんな単語が自分は聞き取れていたなったのかとびっくりだったんですよねー。

私の場合ですが、レストランなどの賑やかな場所だと余計に相手の弱いリズムが聞き取れなくって、友人とおしゃべりのシーンで何度も聞き逃したり聞き返したりしていました。

英語のリズムを覚えるには、英語の音源と音楽やリズムをあわせる「チャンツ」も効果があります。

チャンツで簡単にリズムを練習

リズムを感覚的につかむ勉強方法として「チャンツ」があります。チャンツは手拍子や音楽のリズムにあわせて英語を覚える勉強法。

チャンツを行う効果は英語のリズムを体で理解して,英語を固まりごとに理解することが出来るところ。音楽やリズムと一緒に聞くので英語のリズムが自然に理解できる、等のメリットがありました。

私が初めてチャンツなど音に音やリズムに会わせる学習を知ったのは英語教材の「FINAL ENGLISH」を使ったとき。教材中に音楽に合わせてネイティブの人が英語を話す教材があり、最初はよく意味がわからずになぜ音楽に会わせるんだろうって思っていました。(笑)「裏打ち 8ビート」の音楽に会わせて話すサンプル音源だったので英語のリズムを掴みやすかった記憶があります。

チャンツは子供の英語学習で良く行われますが、大人で英語のリズムを掴みたい方の学習にもとても有効なので、興味があるかたはぜひ試してください。

呼吸方法と息継ぎの違い

英語の呼吸方法は日本語で話すときと異なります。日本語は胸で呼吸し、話している途中で息継ぎをします。
話すときも口をあまり動かさず、口のまわりで話す感じです。

英語はどう違うのでしょうか?

まず英語の呼吸方法は腹式呼吸です。リラックスしながら発音します。またひとかたまりのセンテンスをひと呼吸でつなげて話すので、センテンスの途中で息継ぎをしません。

ひとかたまりの英語を、息をはーっと吐きながら話して 息継ぎ、
ひとかたまりの英語を、息をはーっと吐きながら話して 息継ぎ、

のイメージです。

breath

ストレス(強勢)

英文の中には強く読む語と弱く読む語があります。

強く発音される(ストレスがある)所は名詞、動詞、形容詞、副詞、疑問詞など。
会話の中で意味があり意志を表現するような部分を強く(長く)発音します。

前置詞、接続詞、人称代名詞、冠詞など文章の中であまり意味を持たない部分は、弱く発音します。このストレスがない所は弱く、短く省略が起こったりあいまいに発音します。

弱形に発音されるのは主に以下の部分です。

[強く発音する]
名詞、動詞、形容詞、副詞、疑問詞

[弱く発音する]
■ be動詞・助動詞・前置詞
強調する必要がある場合と文の最後に来る時以外は弱くで発音します。
■ 代名詞・接続詞
強調する必要がある場合以外は弱形で発音します。

「ネイティブの英語が早くて聴きとれない」というのは、しばしばこの弱音部の圧縮のせいです。

例えば、

例)I stayed at the hotel last week with my family.

という例文。日本語で話すと

わたしは先週家族とそのホテルに泊まりました。

と同じリズムで話すので、英語を読むときも

アイ ステイド アット ザ ホテル ラスト ウイーク ウィズ マイ ファミリー

のように同じ調子で一つひとつ単語を区切って発音します。しかしネイティブの発音はリズムがあるので、

I stayed at the hotel last week with my family.

このように 強弱のある音で話します。

単語が強く言われる(ストレスがある)部分は、文章の中でも言いたい事・伝えたい所ですが、同じ文章でも話しての言いたい内容やその時状況によって強く発音される所が変化することを覚えておいてください!

リズムや強弱を意識した効果的な英語学習のしかた

ではここまででご説明した内容で、私が行って効果的だった学習方法をご紹介します。
以下のステップはネイティブの音源とテキスト付きの教材を使います。

STEP1

サンプルの音源を聞き、テキストに一息で話しているセンテンスの固まりごとに スラッシュ(/)を書き入れる。

スラッシュ

STEP2

サンプル音源を聞きながら、音のストレス(強勢)の部分に印をつける。

ストレス(強勢)

STEP3

サンプル音源を聞きながら、リエゾンでつながったり消失した音を確認する。

リエゾン確認
例えば at the の部分は音が小さくtの音の省略も起こるので、聞き取りづらくなります。

STEP4

ここまでで音の感覚を把握したら、シャドーイングとスラッシュリーディングで英語順に意味を理解するのを繰り返す

音読に慣れない間は、スラッシュの所で音を一時停止しながら区切って音読し、最後につなげてシャドーイング。センテンスの順で意味を理解しながら仕上げるという流れで私は学習していました。

シャドーイングのやり方はこちら
スラッシュリーディングのやり方はこちら

このように英語の音源を聞いて、どこで強弱があるかやリズムを把握し、リエゾンなどで音が変わる部分を確認しながらシャドーイングを繰り返す事で、文章の中で単語がどんな音で発音されるかなどを体で理解出来るようになります。

この勉強方法は、英語の発音、音、聞き取り、意味の理解力を得る事が出来てとても効果があります。

ネイティブの人がさらさらっと言う所が聞き取れないってかたは、是非試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 最終更新日: 2015/07/09

topへ